2015年08月26日

誕生日占いで性格や才能を表す数字の出し方




こんにちは、クラリスです。

今回は、誕生日占いで、
性格や才能を表す数字の
具体的な出し方ついてお伝えします。

生まれ持った性格や才能は、
誕生日の日にちから導かれます。

例えば、今日生まれた人は
8月26日が誕生日ですよね。

その場合、26日という日にち
着目します。

そして26日の2と6を足し算します。
すると2+6=8

8という数字の持つ性質が
生まれ持った性格や才能に
影響すると考えられるんです。



次に8月19日生まれの場合を見ていきます。
この場合1と9を足して10になります。

誕生日占いで使う数字は
1〜9、11、22、33なので、
2ケタになったときには、
その数字が一ケタになるまで足していきます。


するとこの場合は10なので、
1+0=1

1という数字の持つ性質が
影響するということになります。


また、生まれた日にちが
11日や22日の場合は、
マスターナンバーになるので、


11や22の持つ数字の性質と
同時に2や4の影響も受けることになります。

11・・・1+1=2
22・・・2+2=4



今回は性格や才能を表す数字の
具体的な出し方について
お伝えしましたが、

いかがでしたか?

けっこう簡単だったと思いませんか?

誕生日の日にちだけで、
その人の性格や才能がある程度
わかるので、

自分のことはもちろん、
家族や友人、仕事仲間のことが
良く理解できるようになりました。

というよりも

「なんでこの人こうなんだろう!」
っていう
イライラやストレスがなくなった
というほうが正しいかもしれません(笑)

ただ、これだけでは出た数字から
性格や才能をどうやって見出していくのか
よくわかりませんよね。

なので、

次回は導き出した数字を元に
どのようにして性格や才能を
ひも解いていくかについて
お伝えしていきたいと思います。








posted by クラリス at 12:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。